2メディ .bmp
⇒年齢不詳美人が急増!「メディプラスゲル」使っていますハート(トランプ)

2016.05.29

血管・血液若返りのために〜食材編

最近のTVでは、お医者さんの生活に密着して、
これが食事や運動の模範生活デス〜みたいな健康番組をよく見ます。

また、医師たちの見識が違って、真逆の情報があったりすることも^^;

今回は、血管・血液の若返りがテーマですが、
これも先生方によって、多種様々な方法があります。

食材の良し悪しにこだわって、
どうして血液に悪さをしてしまうか…
などの情報を挟みつつ、まとめたいと思います!

◆応援クリックありがとうございます◆

</a

血液は全ての臓器に繋がっていて、
栄養を運び、筋肉を動かして身体を維持してくれます。

動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞など
血管詰まりが原因の病気は色々あります。
血管を若く保つことは、身体全体の機能を健康に保つこと。
様々な病気の予防ができるのです。

血管年齢の老化を予防し、病気のリスクを低くする食材、
調理、食事の方法等々に注意が必要です。

☆血管・血液を老化させ、病気のリスクを上げる
食生活とは・・・
血管や血液を老化させるのは、動物性脂肪に含まれる
飽和脂肪酸
トランス脂肪酸です。
常食や多量摂取は、血管を詰まらせる原因になります。

また、アルコールは適量、塩分は厚生労働省による
男性8.0g/日、女性7.0g/日未満を守り、自然塩(ミネラルを含む)を
使いたいですね。

◆飽和脂肪酸を含む食品とは
脂肪の多い、牛・豚のばら肉、皮付き鶏肉、ソーセージ、ベーコンなどや、
牛乳、クリーム、バター、チーズ、ラードなどがあげられます。

最近は、カカオたっぷりのチョコレートが
ポリフェノール効果でもてはやされていますが、
市販のチョコは、カカオの他に、飽和脂肪酸が多い乳脂肪も
含まれているので、食べ過ぎや常食は控えたいと思っています。

◆トランス脂肪酸を含む食品とは
ファーストフードの揚げ物、ポテトチップスなどのスナック菓子、
またショートニングやマーガリンを材料にしている食品です。

☆血管・血液を若く保つために取りたい食材
控えたい食材を書いてしまったので、あとは減塩することと、
野菜、果物、雑穀類、カルシウム、体に良い脂質食品を摂取すれば良い…
ということですが、より効果のある食材を選びたいですね。

◆黒い食材
黒酢・黒ごま・黒豆・コーヒー・レーズンやプラムなどの
黒いドライフルーツ等々、ポリフェノールとしての黒い色、
色素を食べることで、毛細血管中に流れている赤血球の抗酸化力が
高くなるために、赤血球が酸化されにくいそうです。
ポリフェノール食材は、3〜4時間おきに食べると効果的。

◆オメガ3脂肪酸(特にDHA・EPA)
血管の弾力性を高め、赤血球の柔軟性が向上します。
サバ・サンマ・イワシなどの青魚にはDHAEPA
たっぷり含まれています。
血管若返りにはEPAがポイントで、血液をサラサラにして
血管内の老廃物を流してくれます。

◆アマニ油・エゴマ油
α‐リノレン酸が豊富に含まれていて、体の中でDHAとEPAに変わります。
青魚を食べたことと同様の効果。

◆クルミ
クルミもα‐リノレン酸が豊富。
さらにビタミンEなどの抗酸化物質が含まれているので
若返りに最適の食品です。

その他、血流改善には、納豆(ナットウキナーゼ)、
梅肉エキス(ムメフラール)、玉ねぎなんかもよさそうですね。

ここ何年かで推奨されている食材ばかりですが、
毎日工夫して食べるのと、買い物が大変です^^;

血管や血液の状態は、検査しなくちゃわからないから
管理が難しいですね〜
毎日体重測って、一喜一憂できないってところが
モチベーション上がりませんよね(-"-)

次回の検査では「血管年齢」測ってみます!

◆応援クリックありがとうございます◆

</a

<<こだわり美肌のスキンケアに>>
*メディプラスゲル***オラクル化粧品***エミューの雫

メディ記事下.JPGオラクル記事下.JPG下エミュー記事.JPG
62種類の美容成分と   自主栽培の100%植物  100%天然無添加オイル     
温泉水!高い保湿力!  エキス配合!  

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。